16アンタレスdcが大阪フィッシングショーでお披露目!
16antares-dc

去年の末に新しいのが出る!?と噂が飛び交っていた16アンタレスですが、
大阪フィッシングショーで初のお披露目となったみたいですね。

僕、新しいアンタレスが出たら絶対に買う!と心に決めていた人間ですので、
ひじょーに楽しみにしておりますm(_ _)m

 
 

さらに進化したかっとび性能

アンタレスと言えば、かっとびのリールです。

今回もさらにこのかっとび性能は進化しているとのこと。

reberuwainda
 

特筆すべき違いは、
シマノさんからアップされていた映像からもわかるとおり、
まずレベルワインダーがとても大きくなっていることでしょうか。

キャスト時のライン抵抗を極力少なくしようとしているのがうかがえます。
 
 

僕はアンタレスの全てが好きなんです。
(メタリックなボディといい、高級感がある感じといい・・・)

やっぱりアンタレスのかっとび性能は他のリールでは再現できないです。
他のリールだとうまく投げられないのに、アンタレスだと正確にポイントまで届けられるってことはよくあります。

あと5M投げれれば、あそこのポイントまで届けられるのに…

ああ・・・遠くでバスがボイルしている・・・届かない・・・

おかっぱりで釣りをしていると、こういうことってホントによくあるのですw
 
 

メカニカルブレーキはなくなった?

 

シマノさんのホームページを見ていると、
New 16アンタレスdcには、メカニカルブレーキが搭載されていないように見えます。

ベイトリールはハンドル側が重いと言われているので、
ハンドルとボディーをなるべく近づけるようにして、余計な遠心力を減らしてしまおうって考えなのでしょうかね。
 

メカニカルブレーキがあると、リールとハンドルとの間がどうしても広くなってしまいます。
 

mekanikarubureki

しかし、メカニカルブレーキはどこいった?

いくらかっとびのリールでも、メカニカルブレーキが無いと軽いルアーが投げられなくて困る!

と思ったら、New 16アンタレスdcのメカニカルブレーキは、
今回はボディ内に搭載されているようです。

mekanikarubure-kibasyo

フィッシングショーの村田さんによると、
メカニカルブレーキがなくても、
dcなので自動的にブレーキがかかるので問題ないこのこと。

これは、実際にキャストしてみるまでのお楽しみですかね^^
 
 

新しいアンタレスが出るって噂は前からあった・・・

以前、どなたかのブログで読んだんですけれども、
新しいアンタレスが出るって噂は前々からありました。

どなたかが村田さんに
「マイクロモジュールギア採用のDC搭載リールがフィッシングショーで発表される予定はありますか?」
と聞いたところ、

村田さんは
「今は言えない」
とお返事されたそうなんですねー。

彼のブログ曰く、
村田さんの「何も言えない」は、「出ます」であることが多いとのこと。

出ない時は「出ない」とはっきり言われる方らしいのです。
 

で、結局出たのが16アンタレスdc

なんか、噂は12月頃から出てたんですよね。

「来年、新しいアンタレスが出るかもしれん。」

ということで…。

そうこうしてるうちに、シマノさんのホームページが更新され、
大阪のフィッシングショーでもお披露目されたってことで、
かなり期待しちゃってる今日この頃なのであります。
 
 

価格はそれなり

今回はdcってことでそれなりに覚悟していたんですけど、
定価はなんと76,000円w

たっかーいΣ(゚O゚;) ですw

たぶんですが…シマノ製品はなかなか値段が下がらないので、
しばらくは定価に近い価格で売りだされるでしょうね…。
 

それまでは僕も引き続き家でできる仕事をがんばって少しずつでもお小遣いを貯めていくしかなさそーです…。
 
 

発売はRIGHTモデルは2016年4月頃、LEFTモデルは6月月頃

 

シマノさんのホームページによると、
発売はRIGHTモデルで2016年4月頃
LEFTモデルは6月月頃だそうです。

ということは、ほとんどの方は4月頃にはなんとか手に入れることができそうですね^^

しかし、こういうタックル類は初期ロットよりも何回目かの生産のほうが「当たり」が多いらしいので、
すぐに買うっていうのは少し勇気がいるかもしれません。

4月と言えばちょうど、ブラックバスのスポーンシーズンでもあるので、
個人的には4月に発売予定なら、4月中に手に入れたいような気持ちになってしまいますねー。
 

というわけで、16アンタレスdc、お値段それなりですが、期待して待ちたいなーと思う今日この頃です^^