SEOアフィリエイトは、基本長期戦で望んだほうが良いと思う話

どうもこんにちは。タックンです。
あっという間に5月も終わりですね。
僕はまだ青森に居るのですが、
青森も少しずつ暖かくなって、夏の気配を感じます。
ちなみに僕、タックンは、7月の3日まで青森に滞在する予定なので、
もし青森でアフィリエイトを検討されている方がいらっしゃれば、
お気軽にスカイプやお問い合わせよりご連絡ください。
ふらふらと遊びに伺います。
 
もう5月は終わりますが、6月もがんばって、良い感じで夏を迎えたいですね!(^^)
 
僕は、今年の夏は思い切ってあんまり仕事をせずに、
思い切り遊ぼうと計画しています。
 
 

SEOは長期戦を覚悟で望むべきだと思う件

 
 
これ、僕が所有している、とあるWebサイトの、
運用開始から7ヶ月間の売上です。
 
2013y05m31d_024019762
(別のASPの広告も載せているので、厳密にはもう少しあります。)
 
 
多いと感じるか、少なく感じるかは、人それぞれの感性によるところだと思いますが、
僕にとってこの数字は面白い数字です。
 
 
というのも、このサイト、実は前に僕がyoutubeで話した、
SEOに失敗したサイト軍の、その後の売上だからです。
 
 
⇒参考動画
当時ただの大学生だったタックンがアフィリエイトで稼いだ流れをご紹介
 
10分54秒~あたりで、タックンの失敗談をご紹介していますw
 
 
まぁ、失敗したと言っても、「思ったより売上にならなかった」というだけで、
売上が立っているだけマシと言われればそれまでなのですが。。
 
 
このサイトは、ちょうど僕が、10月くらいに、ちょっと思い立って
予算大体60万円をかけて、作った30サイトです。
当時の僕は調子に乗っていたので、
 
まぁ、30サイトもアップすりゃあ、
俺の計算が正しければ10万は固いだろう!にっしっし!

 
なんてほくそ笑んでいたのですが、ふたを開けてみると、
運用初月の実際の売上金額はなんと3万円。
 
 
 
 
当時のタックンとしては、投資した金額に対しての売上が、思ったよりも低くて青ざめたサイト軍なのですw
 
 
 
 
まぁそんなサイト軍なのですが、
2月頃からちょこっとリンクメンテナンスはしつつ、静観していたところ、
4月頃より、徐々に売上が伸びるようになってきました。
 
サイトをネット上に公開したのが10月頃だったので、
ちょうど半年後くらいから、ようやくまともな売上が立ち始めていることになります。
 
 
このサイト、ちなみに今月の売上は、
 
2013y05m31d_023933558
 
でした。
 
たぶんですが、秋頃までには、このサイト軍に関しては初期投資分の金額は回収できるとタックンは見込んでいます。
なので、まあ大体1年くらいで回収はできている計算になります。
で、2年目以降からは黒字回収をしていくことになると思っています。
 
 
そう考えると、最近常々思うことは、
やっぱりSEOは、時間をかけてゆっくりやっていくしかないのかなぁ~。
ということです。
だいたい、1年は最低でも見たほうがよさそうな気がします。
 
 
これをエクセルの表に表すとこんな感じですね。
 
2013y05m31d_031735583
 
累計のコストが、初期投資の60万円から横ばいなのに対し、
累計の売上はある境から累計のコストを上回り、伸びていく様子がご確認頂けると思います。
これが、SEOサイトアフィリエイトの醍醐味です。
ネットビジネスの面白いところは、継続コストがほとんどかからないということもあります。
サイトさえ作ってしまえば、あとはサーバー代とドメイン代だけで回りますから。。
やっぱりこのビジネスモデルはすごいというか、
失敗しようがないなぁ、、と常々思ったりします。
 
もちろん、最初は投資をするのにも勇気が居るし、
60万円も投資して1円も売上が上がらなかったら切腹もんですが、
まぁ正しい手順でがんばりさえすれば売上はあがります。
あとは、回収するまで、粘り強くがんばれるか?が重要なんだと思います。
 
 
ただ、商標ワードなど、「賞味期限が短いもの」に関してはこの限りではなかったりします。
商標ワードの場合、そのワードが10年後検索されている可能性は低いのかなぁ、と思ったりします。
 
 
今日は、なんとなく、SEOは長期戦を覚悟でがんばったほうが良いと思う!
という話をしてみました。
まぁ、ビジネスはなんでもそうかもしれません。
すぐにやめちゃったら良いこと無いです。
今日やめたら、1年後の夢が叶わなくなるかも・・・
そんな気持ちでやれれば、案外あっという間に1年くらいは経っているものなのではないでしょうか。
 
というわけで今日もがんばっていきましょう!!
 
 
 
 
 
 
 
どうでもいいおまけ
 
一晩に30サイトをアップし、天下を取った気持ちになっていた悪いタックン
waruitakkun1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
思った以上に売上が上がらず、青ざめるタックン
takkun_aozame
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まー、人生いろいろですw
 
 
 
 
 
 
皆様へお願い。
このブログでは、基本的に完全なホワイトハットSEOを実践しています。
もし、この記事が有益だと感じたら、よろしければお手持ちのツイッター、ブログ、はてなブックマークなどで紹介してくださいませんでしょうか。
お礼は、今後、このブログに掲載するSEOに関する情報等でキックバックしていきます!
よろしく、お願い致します。
 
 

タグ

2013年5月31日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:SEOに関すること

アフィリエイトサイトを作るなら、Googleのアップデートにも、臆することなく進み続けましょう。

アフィリエイトサイトを作るなら、Googleのアップデートにも、臆することなく進み続けましょう。
 
どうもこんにちは。タックンです。
先日、5月の22日くらいに、順位変動があったみたいですというエントリーを書きましたが、
どうやらペンギンアップデート2.0だったみたいですね。
 
参考
Google、ペンギンアップデート2.0の実施を全世界で完了。順位変動は期待はずれ?
 
ペンギンアップデートはすごい!とマットカッツ本人が仰っていたので、
どんなものかと内心期待していたのですが、案外こんなものか、という感じです。笑
 
まぁでも、今回のアップデートに関しては、結構いろんなアフィリエイターの意見を聞きましたが、
やっぱりアップデートの効果は極めて限定的か、はっきりしていないというのが現状みたいです。
 
たしかに、僕の印象でも、特にリンク周りにグレーなサイトが落ちているようには見えないし、
(自動生成コンテンツでクロスリンクし合っているような、全く人の手がかかっていないようなWebサイトがまだまだ生きています!)
別に今回のアップデートで何が変わったかと言えば、何も変わっていないような気もしています。
 
正直な話、1週間くらい、サイトをほったらかしにしておけば、
このくらいの変動はよくあることです。
 
検索結果について、小さな乱高下は、毎日何パーセントかの割合で必ずと言っていいほど起こっているのですが、
今回は、それが3日分くらいまとめてきた印象です。
 
 
2013y05m28d_143745226
 
2013y05m28d_143747829
 
僕のサイト軍でもよく起こる、小さな乱高下の図です。
(ちなみに検索結果の管理には、僕はGRCというツールを使っています。
毎日の検索結果を観察するのに非常に便利なツールですので、
サイトアフィリエイターは必ず導入された方が良いと思います。)
 
 

アップデートがあろうとなかろうと、良いコンテンツは増やし続けるべきという話

 
とまぁ、ことある事に騒がれるGoogleのアップデートですが、
タックン的には、やっぱり「気にしない」のが一番いいなぁ、と思ったりします。
 
 
基本的に、Googleは「ユーザーが求めているものを求めている」わけですので、
アフィリエイトサイトを作る側の人間としては、
結局、常にそういったWebサイトを作り続ける命題を背負っていると解釈しても良いと思います。
 
 
もっと言ってしまえば、アフィリエイトサイトを作る人間の指名は、
「SEOを制覇し、ビックキーワードで上位表示できるサイトを作ること」では無くて
「より多くの困っている人を助けること」
と言い換えることもできるかなぁ、と思います。
 
 
実際、困っている人を目の前に、
「あなたが悩んでいることは、○○を使えば解決できますよ」
という話をすれば、そのアイテムは高確率で売れていくはずなのですね。
 
 
この現実を無視して、「ビックキーワードで上位表示させよう!」と考えるのは、
どちらかというと、サイトオーナーのエゴでしかないと思うわけです。
まぁ、マックスの予算を投下して、常にビックキーワードで上位表示を狙うことを常にやりたいと言うなら、
僕はそれはそれで止めませんが、結局それだといつか採算が合わなくなると思います。
 
 
なので、これは僕のスタンスにはなりますが、
究極的な話をするなら、「そこに情報を求めている人が居るならば、僕らアフィリエイターは、それに見合ったコンテンツを作り続けるべきだ。」と僕は思ったりしています。
これは、Googleの検索結果が今後どうなろうと変わらない、重要なことだと思います。
 
そして、「困っている人を助けるに当たって、ビックキーワードでの上位表示が、必ず必要なのか?」という話でもあります。
別に、いらないんですよね。
それよりも、より細かく、そのユーザーのニーズに答えたサイトが、本来は必要とされるはずなのです。
 
まぁ、というわけで、手短にはなりますが、
Googleのアップデートはどうあれ、
本日もサイト作りをがんばるしかない、という話になります。
 
ユーザーのニーズに答えたサイト作りができているなら、
大儲けできる日は、そう遠くないはずです。
というわけで、がんばっていきましょう!
 
PS.
最近、青森で鯛を釣るのにはまっています。笑
船で沖に出て釣るのですが、大物がよく釣れ、引きが強くて面白いです。
こういう自然は大切にしたいなぁ~と思います。
 
130527tai
 
 
PS2.
ちなみに、「よりユーザーのニーズにこたえたWebサイトの例」として、
僕が好きなサイトをご紹介してみます。
僕はルアーでブラックバスを釣るのが好きなのですが、
海外でバス釣りをするのが一つの夢なのですね~。
そこで、「海外 バス釣り」と検索して、常に上位表示されているのが下記のサイトです。
 
海外バス釣り情報&ツアー格安簡単自作術 Access!海外バスフィッシング
 
2013y05m28d_151119368
 
僕の趣味というか、僕目線で大変恐縮ですが、
やっぱりこういったWebサイトは読んでいて非常に面白い!と僕は感じます。
 
なので、こういう、「釣り人の気持ちに応えた上」で、
「海外にバス釣りに行くにはどうすれば良いか?」という情報が網羅されているサイトは、
やっぱり、間違いなく良いサイトなのですね。
こういうサイトには、どう考えてもアップデートなんて、関係ないですよね。
 
 
それぞれスタンスがあるかと思いますが、よろしければ参考にされてみてください。
 
 

タグ

2013年5月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:SEOに関すること

5月22日、23日に検索エンジンの変動があったみたいですね。

 
どうもです。こんにちは。タックンです。
先日、近々ペンギンアップデートがあるかもしれない?みたいな話をツイッターでした記憶がありますが、
5月22日、23日現在、結構大きく検索エンジンが動いているみたいですね。
 
もしかしたら、ペンギンアップデート2.0かな?と少し思ったんですが、
今のところ、タックンにはどうもペンギンらしい感じには見えていません。
 
昨日今日と、あがったサイトの傾向、下がったサイトの傾向をいろいろと追いかけてみたのですが、
僕の観測では、あがったサイトにも落ちたサイトにも特に一貫性が無く、
コンテンツの内容による変化、リンクの偏りなどによる変化、更新頻度などは関係なく乱高下している印象があります。
 
もしかすると、アルゴリズムの更新とかではなくて、
ただのデータリフレッシュの可能性もあるかな、、なんて睨んだりしています。
(パンダが強化された場合は、薄っぺらいサイトが落ちるはずですが、
そういうわけでもなく、
ペンギンが強化されたのであれば、怪しいリンク元があるサイトが落ちるはずですが、
そういう傾向も、今回の変動では僕が見る限りでは見られませんでした。)
 
また、どうも、2ページ目以降の検索結果の乱高下がやや激しい印象がありました。
1ページ目は特に動いていないのですが、2ページ目以降の動きが少し激しく見えるという印象です。
 
まあただ、大切なことは、
こういったアップデートに振り回されないようにすることだと僕は思います。
 
今後もこういったアップデートは1年に何回も訪れると思いますし、
その都度一喜一憂していたら、きりがないと思います。
 
一部のSEO業者やSEOコンサルタントは、自分の元にお客さんを呼び込もうとして、
こういうタイミングに不安を煽ったり、「SEOが変わります!」なんて言ったりしますが、
検索エンジンなんてものはどうせ常に変化しているので、
こういう人たちの言うことを聞いても、1年後2年後にはまったくあてにならないケースも多いかと思います。
 
極端な話、今のところ検索エンジンのシェアはGoogleが1位ですが、
Yahooが個別に検索エンジンの開発をまた初めて、独自の検索エンジンを用いる可能性もあるでしょうし、
bingと提携することで、bingがメインのSEOになる可能性も今後全く無いとは言い切れません。
 
今のところ、検索エンジンがGoogleの独壇場というだけであって、
今後今までのSEOがガラリと変わる可能性は常にゼロでは無いと言えるかと思います。
まぁとはいえ、なんだかんだ言ってGoogleの検索エンジンは精度が高いので、
今後も生き残る可能性は充分高いのは言うまでもないのですが、
とにかく、SEOは変化しつづけるものだ、くらいに思っておくと、
こういう変化にも楽観的で居られるのではないかなぁ、なんて思ったりします。
 
面白いたとえ話があるのですが、
SEOとはテレビの編成みたいなものだ、
という方が居ます。
 
これは僕も近いかもしれないなーと思ったりします。
ビックキーワードをずっと眺めていると思うのですが、
どんなにしっかりとしたSEOをしていても、大体2~3ヶ月くらいで、上位のサイトが入れ替わったりしているんですよね。
極めてホワイトハットで、ソーシャルネットワーク系のサイトからガンガンリンクを集めているようなサイトは、
この限りでも無いのですが、
いわゆる普通のアフィリエイトサイトは、ビックキーワードではちょくちょく入れ替えが起こっているのは僕もよく目撃しています。
(まぁ、これは単純にアフィリエイトサイトはSEO力が弱い、
もしくは超激戦ビックキーワードはグレーなSEOでいす取りゲームをする以外に、
今のところやりようが無い、とも言えるかもしれませんが。)
 
 
とまぁ、僕が思うSEOへの考え方を簡単にご紹介してみましたが、
ちょうど昨日サイトが落ちて気が気じゃない!という方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。
そんな方のために、僕が思う「落ちやすいサイトの特徴」を下記にまとめてみました。
 
もし安定的にSEOで売上を取っていきたいと思うのであれば、
ぜひとも参考にされてみてください。
 

タックンが思う、「SEOで落ちやすいサイト」の特徴

 
パンダアップデートで落ちやすいサイトの特徴
 
パンダアップデートは、超簡単に説明すると、
「重複コンテンツが多いサイト、薄っぺらいコンテンツのサイト、別段特別なことを言っていないサイトを、あんまり評価しなくするアップデート」です。
 
これを簡単に説明すると、
 
・どこかのWebサイトをリライトしただけのコンテンツ
・RSSを自動的に取得して、整形しただけのサイト(マッシュアップ)
・どこかの誰かとどこか似たことを言っているだけのコンテンツ

 
まあ、このあたりはアウトです。
要は、「なんやかんやで、言ってることが結局同じ」みたいなサイトは、
どうも、僕の印象だと徐々に順位を落としていくケースが多いような気がします。
 
でも、利用者の目線で考えると、確かにこういったサイトは、
「たくさんあってもうざいだけ」
なので、必要以上に検索結果に出てきても、ユーザー的には「迷惑」と感じることは否めないと思います。
 
例として、仮に「スマップ」と検索してみた時に、
 
1位 「スマップのみんなはかっこいいですよね。おすすめの商品はコチラ~」
2位 「スマップのメンバーの香取慎吾は素敵だと思います!おすすめの商品はコチラ~」
3位 「スマップは国民的なアイドルで、みんなに人気です。おすすめの商品はコチラ~」

 
みたいなサイトが並んでいたら、やっぱりユーザー的には少々迷惑というか、「おなかいっぱい」になりますよね。
Googleとしては、こういったコンテンツは、
「ユーザーが何回も似たようなコンテンツを目にすることになり、不便」
と判断しているみたいで、上記のようなサイトは今後あまり評価されなくなっていく可能性があると言えると思います。
 
それよりも、「スマップ」について調べているユーザーなら、
「スマップについて詳しくかかれたWebサイト」を、おそらくは求めるでしょうし、
「木村拓哉のドラマロケ地に行ってみた」みたいなサイトの方が、
面白くて有益なサイトになるのではないでしょうか。
 
 
まぁ、なので、コンテンツが面白くないサイトは今後表示されなくなっていく可能性が高いかもしれないなぁ、
なんて、タックンとしては思っているところではあります。
そう考えると、
 
・どこかのWebサイトをリライトしただけのコンテンツ
・RSSなどを自動的に取得して、整形しただけのサイト(マッシュアップ)
・どこかの誰かとどこか似たことを言っているだけのコンテンツ
 
はちょっと問題外というか、、検索エンジン上に残る理由があるなら知りたいくらいです。爆
同じようなサイトは2つも必要が無いということです。
 
 
ペンギンアップデートで落ちやすいサイトの特徴
 
ペンギンアップデートは、パンダと比べると、少し考え方が楽かもしれません。
ペンギンアップデートとは、要は、「変なリンクを受けているサイトの順位を下げる、もしくはリンクの効力を無効化する」というアップデートです。
現在のGoogleのSEOでは、「被リンク」というものが、ランク付けにおいて大きな意味を持っているのですが、
だからといってあまりにも品質の低いリンクを送りすぎるとそれは今後SEO的にはあまり効果をもたない可能性がでてきています。
これは、具体的には
・リンクのアンカーテキストが偏っている
・リンク元のサイトの構成が似ている

という場合に、
「このリンクは自作自演で、評価に値しないリンクである」と評価される可能性があるということです。
 
つまり、
・被リンク元の質が低い、もしくは、
・被リンク元のサイトが全て自作自演で、かつ内容的にも乏しい

場合、ペンギンアップデートの際に、リンク得点の再査定が行われて、
順位を落とす場合もありそうです。
 
ちなみに、「リンクだけで上位されていたようなサイト」は、
なんらかアップデートの際に、リンクポイントが再査定されて、もしくはリセットされて、
一気に順位を落とす、といったこともあるみたいです。
(今後、コンテンツが重要視されてくる、というのはこういう意味です。
リンクだけで上位表示されていたサイトは、そのリンクが有効じゃなくなった時に落ちる可能性があるということです。)
 
 
で、ペンギンアップデートで順位を落とさないためには、まぁ、そもそもターゲットサイトのコンテンツの質をあげていく必要があるでしょうが、
それ以外の要素で見るならば、
基本的には「リンク元の質」に気を使う必要があると思います。
 
これは、仮に、サテライトサイトを作成する場合であれば、
 
・コンテンツに品質にある程度こだわる
・テンプレートが全部一緒になる等の偏りを避けるようにする

 
ということが重要になると思います。
または、ペンギンアップデートでの影響を少なくするために、
普段からナチュラルリンクを獲得していく努力も、今後は必要になると思います。
 
ちなみに、ナチュラルリンクの獲得方法については、
当ブログで紹介している「賢威テンプレート」に付属している「外的SEOマニュアル」にて非常に具体的に説明されています。
今後、SEOのために、ナチュラルリンクを積極的に得ていきたい方は、
こういったマニュアルを参考にされることもおすすめです。
 
 
更新頻度が低いサイトは落ちやすい
 
これも僕の感覚なのですが、
更新頻度が極端に低いサイト、(2年に1回の更新、等のサイト)は、
やはり徐々に順位を落とす傾向が見受けられるような気がします。
(これはアップデートとは関係なく、普通にサイトとしての評価を下げていく感じがしています。)
 
アフィリエイターの場合、どうしてもたくさんのサイトを管理することになるので、
所有している全てのサイトを常に更新するのは物理的に大変、という部分もどうしても出てきますが、
理想を言えば、2週間に1回くらいはなんらかの更新をするのがやはりベターなのかなぁ、と思うところはあります。
ちなみに、1週間に1回くらい、しっかりとコンテンツの更新をしているサイトの場合は、
半年くらいじっくりと更新を続けていると、徐々にGoogleに信頼されるサイトになってくるのが手に取るようにわかります。
たとえばこのブログ、takkun-business.comは、地道に更新を続けて、もうそろそろで半年になりますが、
最近ではインデックスの速度も劇的に速くなり、一部のキーワードでほったらかしでも勝手に上位表示されるようになってきました。
 
他の放置しているアフィリエイトサイトでは、
たまーに気まぐれで更新してもびくともしないケースが多いので、
どうやら更新頻度もそれなりに重要のようです。
 
ただし、全てのサイトに均等に力を注ぐことは効率的ではないので、
とりあえずいくつかサイトを作ってみて、よさそうなサイトに関しては、日々の更新もする
といったように、ある程度ルールを作ってサイト運営に臨んでいったが良いと僕は思います。
(サイトを、1軍、2軍、3軍に分けて、優先順位を区切って更新していく、という考え方もありますので、
それぞれがご自身にあった方法を検討されるのが良いかとは思います。)
 
 
ちなみに無料ブログのドメインも落ちやすい
 
ついでに書いておくと、これも僕の経験上ですが、
無料ブログで作ったサイトは、基本的に順位が落ちやすい印象があります。
まあ、とはいえ僕の場合は無料ブログは完全に「調査」に使うので、
その時点であまりコンテンツは作りこまないのですが、
同じような品質のコンテンツを入れた場合、圧倒的に独自ドメインで運用した方が、
長期的には安定しているように見えることがあります。
 
ただ、無料ブログのドメインの場合、元々そのドメインに一定の評価がありますので、
完全に新規で取得したドメインと比べると、「即効性」は無料ブログドメインに軍配があがる印象があります。
(特に、コンテンツ公開から1ヶ月間くらいの間は、無料ブログのほうが勝手に上位にくることも多いです。)
 
独自ドメインでコンテンツを入れた場合は、上位表示されるまでに1~2ヶ月を要すケースが多いですが、
その後は安定することが多い気がします。
無料ブログの場合は、1~2ヶ月すると、徐々に落ちていくことが多いですね。
 
 
 
とまぁ、僕が思うSEOについて、ちょこっと書いてみました。
参考になれば幸いです。
 
 
PS.
もしまさにあなたが今これからSEOで売上を取っていきたいと考えるのであれば、
僕的には「たった43ページのSEOマニュアル」は比較的おすすめの商材です。
安定的に、SEOで上位表示され続けるための方法を学んで頂くことができます。
僕のレビューも掲載していますので、興味がある方はぜひご確認ください。
 

タグ

2013年5月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:SEOに関すること

初心者でもアフィリエイトで売れる案件を探す方法

どうもこんにちは。タックンです。
ちょっと前に、1日1記事がんばります!と書いたのですが、
新しくアフィリエイトサイトを作ったり、
外注さんに濃い目の指示出しをしたりしていたら、
瞬く間に2週間が過ぎてしまいました。爆
 
本当、時間の経つスピードには毎回驚かされます。
 
最近ちょっと考えたんですが、1年は、365日しかないんですよね。
 
これは逆に考えると、
365人の人が居たとして、
その人たちみんなが1日を終えたら、
そこには約1年分の時間の流れがあるということに気づきました。
 
120人の人が、3日を過ごしたら、
これも約1年分の時間の流れです。
 
facebook等で、100人以上友達が居るという方は、
決して少なくないと思いますが、
その3日分のタイムラインは、時間の流れだけで見ると、約1年分ということです。
正確には、日本には四季もありますし、年齢等によっても時間の使い方は違ってくるとは思いますが、
でも物理的には、約120人が何気なくすごす3日間は、累計で1年間分の時間の流れがあるということです。
 
こう考えると、1年って恐ろしく短いですね。笑
 
逆に考えると、それだけ時間は貴重ということです。
 
 
さて本題。
今日は、アフィリエイトには案件選びが重要といわれることが時々ありますが、
じゃあ具体的にどうすればいいのか?を少し考えてみようと思います。
 
 

初心者がアフィリエイトで売れやすい案件を見つけるにはどうすればいいか

 
初めてアフィリエイトサイトを作る場合、
どう考えても、「案件選び」というものは死ぬほど大事になってきます。
 
この「案件選び」の際に失敗して、
全く売れない案件を取り扱ってしまうと、
当然売上が上がりませんから、「ああ、アフィリエイトはやっぱり儲からない…」なんて思ってしまう方も出てくるのはある意味仕方ないのかなと思えるほどです。
 
ただ逆に、「案件選び」に成功すると、
それは、みんなが渋滞でイライラしながら車を運転する中、
隣の高速道路でスイスイ移動できるのと同じような感覚
が得られます。
みんながなかなか売上を上げれない中で、
自分だけ売れる案件を取り扱うことができるわけですから、
それもそのはずですよね。
なので、「案件選び」は大切にして頂きたいです。
 
 
じゃあ、具体的にどうやって、売れる案件を見つければ良いのか?
という話ですが、
実はこれ、すごく簡単です。
簡単すぎて、本当かよ?って思うくらいなのですが、
まぁ、簡単です。笑
 
 
 
 

それは、実際にASPに電話をして聞いてみるということです。
 
 
 
 
簡単すぎたでしょうか・・・?
 
はい。実際のところ、簡単です。
僕が思うに、本当に有益な情報を得たいのであれば、
無料で購読できるメールマガジンを何誌も読むより、
ASPに勇気を持って一本の電話をかけてしまったほうが、
サイトアフィリエイターとしては実になりやすい時間をすごせるんじゃないかなぁ、なんて思ったりします。
変な話、そこいらで有料で話されている可能性がある内容でも、
ASPの担当から直接聞いちゃえばもう解決するかもしれない話だったりする
のですね。
 
(特に、稼げる案件教えます!とか言って、お金を取る人が本当にいるかどうか、僕は知らないですが、、稼げる案件はASPの担当に聞けば、
担当は手元にデータがあるわけなので、すぐに信憑性が高い情報が得られるはずなのです。
仲良くなれば、もっともっといろんな情報交換ができちゃいます。)
 
 
「まだ、全く稼いでいないのに、そんな電話、厚かましくてできそうもない!」
 
とそんな風に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
業界の図式的に、ASPは広告代理店なので、
僕らアフィリエイターがサイトでお金稼ぎすることで、
彼らも儲かる
という仕組みがあります。
 
(例えば、アフィリエイターが10万円稼げば、ASPには代理店マージンとして、案件にもよりますが、2~3万円くらいの売上が発生しています。)
 
ASPとしても、アフィリエイターに稼いでもらうことで、
自分の会社も存続できるわけなので、
ASPとアフィリエイターはWin-Winなのですね。
 
なので、意識が高いASPほど、しっかりとアフィリエイターを育てていこう、という流れが出来上がっています。
(むしろ、アフィリエイターを育てられないASPは今後潰れていく可能性もあると思います。)
 
で、何社かASPに電話をかけてヒアリングしていけば、
「今Webで何が稼げているのか?」
が見えてくると思います。
 
見えてきたら、その内容を元に、アフィリエイトサイトを構築していくという流れです。
 
まあ、こんな感じで情報収集すれば、
自然と濃い内容のWebサイト作りができるようになってきますので、
今後の検索エンジン的にも好都合
だったりします。
(今後は、検索エンジン的には「濃いサイト作り」が、もう必須になってくると思います。)
 

ASPの売れてるプログラムランキングを見るのもおすすめ

 
上記では、「とにかく、ASPに電話をかけて情報収集せよ!」ということを書きました。
実際のところ、上記の方法は本当にパワーがあるのですが、
(情報収集の段階からかなり気合が入っているので、『仕事』という意識も生まれやすいですし、
ASPの担当と仲良くしておくと、いろいろと好条件ももらえます。
また、『人』とやりとりすることで、濃い情報を収集することができ、『上っ面』だけじゃないサイトを作れるなど、メリットは盛りだくさんです。)
 
まあとはいえ、自分は人とコミュニケーションをとるのは得意ではないし、
最初からいきなりそういうのは、さすがにちょっと難しい、、と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
 
そんな時におすすめしたいのは、
ASPでよく紹介されている、「売れ筋案件ランキング」等をチェックしてみることです。
たとえば、A8netでは会員ページの「プログラム選びのヒント」より、ジャンル別で人気ランキングをチェックしたり、
 
2013y05m18d_105051358
 
※クリックで拡大します。
※会員専用ページのため、プログラム名などがわかるものは伏せております。
確認したいという方は、コチラより、A8netへ登録してみてください。もちろん登録は無料です。
 
他にも、楽天などでも、楽天ランキング市場より、売れ筋のランキングを調べることができます。
 
2013y05m18d_105926238
 
こういったところから、「売れやすそうな商品」に目星をつけてアフィリエイトをスタートしてみるのも面白いと思います。
 
まあただ、上記はどうしても「比較的誰でも見れる情報」になってしまいますので、
そこで紹介されている商品は、どうしても飽和しやすい状況にはなるかと思います。
なので、僕的には最初はどうにかがんばって、ASPの担当を一人つけて情報交換しながら進めていく、というのがおすすめではあります。
 
 

他には『広告が多く出ている商品』をピックアップしてみる

たとえば、深夜の通販番組とか、あと気合の入ったCM、これらはアフィリエイターにとっては非常に重要な「お宝情報」である場合があります。
というのも、深夜に通販番組をやっている、または気合の入ったCMを流している商品というのは、企業的にも「その商品をプッシュしていきたい」と考えている証拠でもあるからです。
 
こういった商品は、広告に大きなお金が割かれていることが多いので、
必然的にアフィリエイト報酬が高かったり、
あとテレビで紹介されているという要素も相まって「売れやすかったり」します。
 
他にも、雑誌とかを見ていると良く出てくる広告、これもチェックしてみると面白いかもしれません。
 
こういうところに広告を出しているところは、比較的広告にも大きな予算を割いているケースが多いです。なので、アフィリエイターとしても「儲けやすい」と言うことができるかと思います。
 
 
と、まあ他にも「売れやすい商品を探す方法」はいくらでもあるのですが、
全部書こうと思うと少し量が多くなるので、何回かに分けて書いてみようと思います。
(ある程度溜まったらどこかの段階でまとめます。)
 
 
PS.
ちなみに、売れる商品の見つけ方、また売れるアフィリエイトサイトの作り方に関しては、
こちらに僕がおすすめする商材をまとめていますので、よろしければそちらも確認してみて頂けますと幸いです。
特に初心者のうちは、まずは勉強することが重要です。
 
 
PS2.
ちなみに先日、このブログから、LUREAが始めて売れました!僕の思いが伝わったのかと思うと、嬉しいです。
誠にありがとうございます。
 
2013y05m18d_111023398
 
僕からアフィリエイト商材をご購入頂いた方は、優先的にスカイプ等でのサポートを致しますので、購入IDを記載してご連絡ください。
僕から商材をご購入頂いたからには、必ず成功して頂きます。
ぜひ覚悟を決めて、IDをお送りください。笑
 
僕のサポートポリシーにつきましてはこちらも、ご確認ください。
 

タグ

アフィリエイトで自給自足の生活を始めよう

 
どうもこんにちは。タックンです。
僕は昨日から青森の実家に戻っているのですが、
やっぱり実家は落ち着きますね!
部屋の匂いとか、地元全体がかもし出す雰囲気みたいなものが、
すごく僕を落ち着いた気持ちにさせてくれます。
一応、青森には2ヶ月くらい滞在する予定なので、
その間に思い出の場所めぐりをしたり、
自然を満喫したりしようと思っています。
 
東京に居ると、なかなかこういう感覚を味わうことができないので、
こういう時間は、僕にとって大変貴重な時間になっています。
 
 
田舎に来るとよく思うのですが、田舎の人たちはみんな自立していて生命力があるなぁ。
と感じることがあります。
よく考えれば当たり前ですよね。食料は基本自分のところの畑から持ってくることができますし、
魚が食べたいと思ったら海が近いところならすぐに釣りにでかけることができます。
 
自然の恵みは多く取れたら近所で分配し、
みんなで分かち合うことができます。
 
僕は田舎のこういう雰囲気が大好きなんですよね。
みんな、表情が豊かです。
 
 
東京は人が多いので、社会が非常に複雑化しているなぁと感じることがあります。
生活とは直接関係の無いところで、次から次へと新しい価値観を提案してくる人たちが現れるんですよね。
で、だいたいはセールスにつなげようとしてくる輩です。
 
こういう人たちと一緒に居ると、心は安定しないばかりか、
いつまでたってもお金は貯まらないし、「大切な何か」を得られないんじゃないかなーと思ったりします。
 
まぁ、東京みたいに人が多いところは、ある意味、「なんでもアリ」なところが逆に面白いのですが、
その「なんでもアリ」が当たり前の生活になってしまうと、
自分のスタンスを決めづらくて大変そうだなぁ、と逆に思ってしまうところがあります。
 
勉強ならそれはそれで良いのですが、あまり東京に染まってしまうと、
自分の人生の大切な時間を、誰かの時間として捧げてしまうような気がして、その生き方は、僕にとって疑問だったりします。
と、まぁ東京の悪口はこのくらいにしておいて(笑)
 
今日は、アフィリエイトで自給自足を目指す、というテーマで少し話をしてみたいと思います。
 
 

アフィリエイトで始める自給自足生活

 
冒頭では、『田舎の人たちは、みんな自立している』といったことを書きましたが、
なぜ自立しているのかというと、たぶん食料自給率が東京に比べて高いからだと思います。
 
食べたいものは自分のところの畑で取ればOKだし、
魚介類を食べたいと思ったら、海に出かければOKです。
 
他に生活に必要な食料品や雑貨等はスーパーに行けば、都内の3割引くらいの値段で買えますから、
まぁさほど現金が必要というわけでもありません。
大体月12万円くらいあれば、充分満足した生活できるんじゃないでしょうか。これは、すごいことだと思います。
 
対して東京なら、最低限の生活をするなら、家賃も含めて少なくとも17万円~は生活費が必要になる。
アルバイトなら170時間以上は少なくとも労働しなければいけない。
しかも飲み会の誘いが多ければ、その都度「交際費」を捻出する必要があります。
この交際費も中々曲者で、一回の飲み会に数千円かかるばかりでなく、
それが生産性のない飲み会だったなら、数時間というかけがえの無い時間をあなたから奪っていくこともあります。
 
貧乏は経済的な負け組みとされ、
労働層は、社会の奴隷にも近い扱いとなっている。
 
ちょっと前に、「遭難フリーター」という派遣労働者の雇用問題をテーマにした映画が話題になったりしましたが、
東京にはどうしてもそういう空気が常に渦巻いています。
(興味がある方は、ぜひyoutubeなどで検索してみてください。
派遣労働者の、生々しいまでの本音が語られています。笑)
 
東京には、「より仕事をした人が勝ち」とか「大きな金額を稼いでいる人がえらい」とか、そんな風潮が少なからずありますが、
僕は、本当にそうなのか?と言いたかったりします。
 
もし本当に、「より仕事をした人が勝ち」とか「大きな金額を稼いでいる人がえらい」とかそういうことが全面的に正しいと言えるのであれば、
昨今のような労働問題は起こらないはずなんですよね。
 
だから、こういう風に仕向けている人が居るということに気がつかなければいけません。
そういう風に仕向けることによって、得する人間が居るということです。
 
 
僕がアフィリエイトを好んで行う理由の一つに、
アフィリエイトは基本的に自給自足であるという点が挙げられるなぁと思ったりすることがあります。
アフィリエイトなら面倒な人間関係は基本的に必要ありませんし、
自分のやりたいように、Webサイトを作っていけばそれで問題ありません。
もっとも、最低限『売上があがる流れ』は勉強して体得する必要がありますが、
それができてしまえば、ほぼ生活に困らないくらいの金額を稼げてしまうのがアフィリエイトの面白いところです。
 
 
ましてや、田舎で生活できるくらいの金額(ここでは12万円と定義しましたが)、そのくらいを稼ぐのは、
正直な話「結構簡単」です。
これは1ヶ月、真剣な気持ちで毎日作業すれば2ヶ月目以降からは達成していける可能性がある数字でもあります。
もちろん、SEOなども加味するのであれば、検索エンジンがサイトの順位を決定するのに時間がかかる場合がある関係上、
もう少し時期が遅くなる可能性がありますが、それでも、比較的簡単に上記の金額を稼ぐことはできる、と僕は思っています。
 
 
たとえば、脱サラして田舎暮らしをしたい!と考える方は、
とりあえずアフィリエイトで15万円くらい稼いでみて、田舎に戻って生活してみる、
ということを検討してみるのも悪くないと思います。
そうすると、都会の喧騒というものがいかに日常の体力を奪っていたかがよくわかると思います。
 
 
そうすると、お金だけでは感じることができなかった「かけがえの無いもの」が手に入るんですよね。
お金を追いかけ、馬車馬のように働く生き方ができる人は、僕はすごいなぁと尊敬するばかりですが、
必要なお金は自分で稼げる、自給自足できる生活、というのも僕は不安が少なくて良いなぁと思ったりします。
 
 
アフィリエイトが魅力的な点は、
ノートパソコンが1台あれば、いつでもどこでも気軽に仕事ができてしまうという点です。
たとえば、極端な話、アフィリエイトで月10万円稼げるのであれば、物価が低い国に移住して、のんびり暮らす、という選択をすることも可能になります。
普通の会社員をやっていれば、このような選択肢はなかなかできないのではないでしょうか。
 
選択肢が広がるとどうなるか。
これが面白いのですが、「なぜかもっと稼げるように」なってしまいます。
だから、アフィリエイトは稼げると言われているのだと僕は思います。
 
 

アフィリエイトは農業みたいなもの

 
検索エンジンを使ったアフィリエイトはよく「農業」にたとえられます。
僕はこのたとえが結構好きだったりします。
 
 
それは、
1.種まき 2.発芽 3.間引き 4.水遣り 5.刈り取り 
みたいな流れでしょうか。
 
※アフィリエイトの具体的な手法については、
僕がこのブログで紹介しているLUREAが非常に詳しいですので、
よろしければ参考にしてみてください。
 
 
「種まき」は、要はたくさんのサイトをとにかく作るということです。
最初のうちはどんな案件が当たるか、どんな切り口のサイトが人気が出るかというのは
「やってみないとわからない」ので、とにかくサイトを作ってみるということです。
 
目標としては、100サイトとか、作りたいところですね。
とにかく「作れるだけ作ってみる」ということが重要です。
 
「発芽」というのは要はこれは検索エンジンにインデックスされるということです。
種の目が出るというイメージです。
 
「間引き」というのは、作ったサイトの中でも、検索エンジンの状況が良くなかったり、
人気が思ったより出なかったサイトを見切ることです。
農業にもあるように、
余分な苗を取り除くことによって、
人気が出そうなサイト、検索エンジン上の評価がよさそうなサイトに力を注ぐ
ことができます。
 
「水遣り」は、間引きの結果、よさそうだと判断したサイトに、
コンテンツを注ぎ込むことです。
肥料とともにたっぷりとお水を注いでやることで、そのサイトは少しずつ立派なサイトに成長してくれるはずです。
 
そして、「刈り取り」。
だいたい、サイトアフィリエイトの場合は、「刈り取り」の場所までくるのに短くて3ヶ月、長ければ半年くらいかかることがありますが、
この「刈り取り」の段階まできたサイトは、非常に多くの報酬をあなたに運んできてくれることになります。
 
こういう状態のサイトを増やすことで、非常に安定的に収益を伸ばすことができます。
 
ちなみに「間引かれたサイトはどうすればいいのか?」という話ですが、
これはこのままにするのは少々もったいないので、バックリンクサイトとして使ったりします。
これを別の言い方で「肥料」と言ったりすることがあります。
 
 
もしこのエントリーを読んで、アフィリエイトに興味が沸いてきた方は、
ぜひ僕の無料プレゼントより、僕がネットビジネスで稼いできた過程をDLされてみてください。
これからアフィリエイトで自給自足していくにはどうすれば良いか?
そのヒントになれば幸いだと思っています。

タグ

2013年5月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑記

tweetこの記事の感想をツイートしてください。

このページの先頭へ