Googleが望むWebサイトを作る必要はない。「Not Google SEO」

どうもです。タックンです。
今日は、Googleが望むWebサイトを作る必要は無い、
「Not Google SEO」と題して、僕が思うSEO戦略をご紹介してみようかなと思います。
 
・・・誤解を生みそうな内容のような気もしますが、まぁ僕の本音ということで書いてみようと思います。
 
 
よく、サイトアフィリエイトの話になると、
「どういったSEOをされているのですか?」
という質問をされるんですけど、僕の場合は、
 
1.オールドドメインを取得して
2.とりあえずサイトにアップして、
3.ご希望のアンカーテキストで一応ヨミサーチ等に登録して
4.待つ

 
というのが基本です。
ここまでは、一般的に「初期SEO」とか言ったりしますね。
 
んで、インデックスが確認できたら、徐々に記事を追加したり、必要に応じて無料ブログ等からのリンクをつけたりしています。
ちょっと競合度が高いキーワードの場合は、ちょっといろんな手法のリンクを織り交ぜてつけてみたりしています。
 
非常にあっさりと書くとこんな感じですね。
 
というか、たぶんほとんどのアフィリエイターがやっていることだとは思います。
 
 
よくSEOサイトアフィリエイトというと、
 
「Googleに好かれるサイト作りをしないといけないんですか?」
とか
「コンテンツが充実していないと上位表示されませんよね?」
とか
「ツイッターとかでつぶやかされるコンテンツを作らないとだめなんですか?」
とか聞かれますけど、
今のところ僕はそういうことを意識したサイト作りというのはあんまりしていません。
 
あんまりしていないというのは、
将来的には視野に入れる必要があると思うけど、今すぐ必要なこととは思っていない
という意味です。
 
なぜなら、わざわざツイッターからの反応を狙わなくても目的のキーワードで上位表示できればとりあえずはOKなわけだし、
そもそもサイトの切り口によっては(たとえばコンプレックス系等)、
ツイッターでつぶやかれる可能性そのものが低いコンテンツのものもあるわけで、
必ずしもツイッターで反応が取れなければダメ、なんて思ってないんですね。
 
コンテンツが充実していないと~というのも意味合いとしては同じです。
たとえば、ペライチでも制約が取れるサイトであるならば、
SEOのためにわざわざコンテンツを入れることはある種の「蛇足」になるわけで、
他のコンテンツを入れることで制約が下がってしまう可能性も往々にしてあるわけです。
 
それなのに、「今のアルゴリズムはサイトボリュームが必要だから…」という理由で、Googleのためにむやみにドメイン内に意味も無くコンテンツを増やすのは、どうなのかなぁ、と僕は思ったりするわけです。
 
もちろん、ユーザー目線で、「もっとコンテンツを充実させたほうが良いかもしれない」、という判断であれば、
サイト訪問者の満足度アップのためにコンテンツを入れることは重要だと思います。
それは制約をあげるためのひとつの活動になりえるわけなので。
 
「被リンク」
についても僕の考え方は同様です。
 
Google的考え方では、「人気のあるサイトに被リンクは集まる、だから被リンクは順位決定の重要な要素である」というのは確かに間違いではないでしょう。
だけど、「抜け毛」のサイトにリンクを積極的に貼る人はあまり居ないですよね・・・?自分で気にしている方なら尚更張ることはないはずです。
こそっと検索して、こそっと情報を探すのが普通なのではないでしょうか。 
 
だから、「抜け毛」関連のワードで上位表示させたいと思ったら、なんだかんだ言って自作自演の被リンクは必須になると言えます。
ワードによっては競合度が高いので当然自作自演の範囲も大きくしなければいけない場合もあるでしょう。
僕はそこも普通の競争だと思ってるので、張って順位が上がるリンクなら、素直にガンガン張った方が、結果的に良い流れをもたらすのではないかな、と思ったりします。
まぁ、ここはどうしてもテクニカル的な話になってしまいますが。
 
 
順位決定の要因のひとつとして、「被リンク」があるのは間違いないと思うのですが、
「ナチュラルなリンクが良い」とか「ホワイトハットSEO」というのはちょっと僕の感覚だと、SEOへの考え方がGoogleに寄りすぎているのかな、と思ったりします。
 
 
SEOの考え方がGoogleに寄り過ぎると、どういう弊害があるかというと、
「経済活動を全てGoogleに左右されてしまう」
という恐ろしい現象が起こります。
 
もっと言うと、「明日の収入がGoogleのご機嫌で決まる」ということです。
これって本当は結構恐ろしいことです。
 
実際問題、Googleのアルゴリズムは常に変化をしていて、
特に最近はペンギンとかパンダとか関係なく不規則な変化をしているように感じることが多いですね。
 
 
僕が思うに、みんな少しGoogleのご機嫌を見すぎじゃないですか?と思う時があります。
もっとガリっとやっていいのに、Googleの機嫌を見るから、やんわりとしたサイト作りしかできない。
本当ならもっとガンガンサイトを立ち上げてバシバシリンクを送るべきなのに、スパムになる可能性がある、、とか言って悩んでしまうのは時間がもったいないです。
 
 
なんとかSEO速報とか、そんなブログを見るのは1ヶ月に1回とか、そんなんで良いと思います。
もっと言うと3ヶ月に1回くらいでもいいかもしれない。
 
特にアフィリエイトサイトの場合は、集客して、売上たててナンボなわけですから、
あんまりGoogleに媚を売ったようなサイトを作る必要は、そもそも無いわけです。
 
 
じゃあ、アフィリエイターはどんなサイト作りをしていけばいいのか、
それは「今すぐこのアイテムが欲しい人間は、どういう情報を探しているのか?」ということを徹底的に考えることです。
徹底的に考えて、「その人たちにどんな情報を提供すれば、そのアイテムが売れていくか」を考えることです。
 
 
たとえば最近なら、
「イーモバイルに契約すると、ノートパソコンをもらえる」というプログラムは報酬単価も熱くて、制約も取りやすくておすすめですね。
じゃあ、イーモバイルと、ノートパソコン、どっちも必要な人は誰か?
を考えていけば良いわけです。
 
もしかすると、移動が多い人かもしれないし、
外で仕事をしたい人かもしれません。
 
他にも既に、イーモバイルかWiMAXに契約することを決めているけど、
お得なキャンペーンを探している人も居るかもしれません。
 
そういった方にターゲットを絞れば、制約に結びつくサイト作りは決して難しくはないはずです。
そして、そこにはGoogleに媚を売るSEOは必要ないはずなんですよね。
 
 
あまりにも、「最近のSEO状況」に振り回される人が多い気がしたので、
エントリーしてみました。
 
 
検索エンジンはただの道具。
そう思えるようになれば、もっと気軽にサイト作成ができると思います。
 
 

PR:
今でこそこんなにSEOについてえらそうに語る僕ですが、
3年前まではなんてことないただの大学生でした。
そんな僕がネットで稼げるようになるまでを、無料レポートとしてまとめました。
ご興味ある方はDLされてみてください。僕が某ビックキーワードで上位表示されるまでの物語もご紹介しています。

プレゼントのURLはコチラです。

タグ

tweetこの記事の感想をツイートしてください。

このページの先頭へ