コミュニケーション能力が低いと言われても、気にする必要はない

ビジネスの場では、よく、
「コミュニケーション能力」
が重視されたりしますよね。
 
もちろん、仕事をする以上、何人かの人間が同じ空間を共にするわけなので、
コミュニケーション能力は低いよりも高い方が良いのは確かです。
 
しかし、どうもこの
「コミュニケーション」
という言葉をフックにして、相手を蹴落としたいだけの人も、中には居るようです。
 
たとえば、よく部下を相手取って
 
 
・お前の説明は回りくどい
・お前は相手の気持ちを汲み取れて居ない
・なんであの時言ったことがわからないんだ!

 
 
とか言っちゃう人ですね。
これが少し飛び火すると、
 
「お前は相手の気持ちをわかっていない」
  
では飽き足らず、
 
 
「お前はみんなの気持ちをわかっていない」
 
とか飛躍して言っちゃう人も、中には居るみたいです。
 
 
 
 
 
こういうことを言ってしまう人は、結論をいうと、
結局その人(この場合は上司)の能力不足であることが多いです。
 
人の、とりわけ問題でもないちょっとした弱点を大げさに言って、
相手の価値をなんとかして下げようとしています。
 
 
相手の価値を下げようとしている人の目的、
それは「主導権を握れる」ということにあります。
相手の価値をなんとかがんばって自分の価値よりも下げることで、
自分にとって生きやすい世界を作れると信じているということでもあります。
 
 
こういう人が近くに居ると、大変です。苦労します。
なぜなら、自分ががんばって手に入れた感覚やアイディアを、湯水の如く奪っていくからですね。
感覚が奪われていくとどうなるか、人間はロボットに近くなります。
感情をセーブして毎日を過ごさなくてはなりません。
こういう時期は、世界が灰色に見えたりします。
 
 
僕が問題に思うのは、
本当はものすごく能力が高い人なのに、
そういったことから自信を無くしてしまっている方が、あまりにも多い
ということです。
 
 
1960年代に行われた、ある実験をご存知でしょうか。
グループに分けたそれぞれの犬に、電気ショックを与えて、その後の行動を見るという実験です。
Aのグループは、レバーを鼻で押すと電気ショックを止められる箱に入れられ、
Bののグループは自分で電気ショックを止められる手立てが無い箱、
Cのグループは電気ショックを受けない箱。
 
各グループのそれぞれの犬は、これらの箱に入れられ、AとBのグループ電気ショックを与えられます。
Aのグループの犬は、電気ショックを与えられると鼻でレバーを押し、ショックを回避できます。
しかし、Bのグループはなすすべなく、ただ苦痛に耐えることを強いられます。
 
実験の結果、Bのグループの犬は、「自分から積極的に電気ショックを回避しようとしなくなった」と言います。
つまり、「苦痛にさらされているうちに、苦痛から逃れる努力すらしなくなった」ということです。
 
 
これは学習性無力感というのですが、人間にも当てはまります。
つまり、ストレスから逃れられない状況が続くと、ストレスから、積極的に逃れようと思わなくなるということです。
 
勘の良い方ならお気づきかもしれませんが、これは問題です。
せっかく輝ける可能性があるのに、足をひっぱる誰かのせいで、輝くことすら忘れてしまうということが実際にあるのですから。
 
 
だから、もし職場で「コミュニケーション能力が低い」とか「お前は何もわかってない」とか言われても、決して気にする必要は無いと思います。
そもそも、コミュニケーション能力という言葉の意味自体があやふやで抽象的なものです。
 
 
相手を否定して自分の価値を保とうとする人の奴隷になる必要はないということです。
 
 
PR:
最近やっとネットでまともに稼げるようになった僕ですが、
僕がネットを使って稼げるようになった全過程を、無料レポートにまとめてみました。
ネットビジネスである程度稼げるようになれば、誰かの言葉に惑わされず、自分が生きたいように生きることができます。
無料でDLできますので、興味がある方は、参考にされてみてください。

プレゼントのURLはコチラです。

タグ

仕事が遅い人ほど輝ける理由

どうもです(^^)いつもブログ見てくださってありがとうございます。タックンです。
 
今でこそ、
こうしてネットで好きな時に好きなことを書く生活ができている僕ですが、
こうしてブログを書けるようになるまでには、
やっぱりいろいろなことがあったわけで…
そんなことを今日はつらつらと書いていこうかなーと思ったりしています。
 
先日公開した無料レポートに書いていたとおり、僕は一昔前までは、
世間のことは何にも知らない、
ただただミュージシャンに憧れるどこにでもいる普通の大学生でした。
 
 
コンサートスタッフのアルバイトに行けば、なぜかチーフ君には目をつけられるし、
二言目には「仕事が遅い!」と怒鳴られ…、
自分なりにこんなに一生懸命がんばっているのになんでこんなにも文句を言われないといけないんだと、夜も眠れないくらいに悩んだこともあります。
 
夜も眠れないくらいに悩んで、結局寝不足のまま仕事に行き、
また同じミスを繰り返す…。
 
そんなことはしょっちゅうでした。
 
 
別の職場では、
「仕事が遅い。それじゃあ使えない」
「おまえそれ午前中全部使う仕事じゃねえよ」
「お前の仕事が遅いと、俺まで恥かかされんだよ」

 
などと言われます。
 
 
少しでも反論をすると
 
「思いつきでモノを言うんじゃねぇよ。礼儀がなってないな」
 
と押さえ込まれ。。
そのまま2、3時間は上司の説教タイムが始まります。。
 
 
正直、今思うと「人」として扱ってもらえていたのか?と思うくらいです。
僕がバイトに言ったあるひとつの職場は、人を恐怖でコントロールしようという職場そのものだったような気がします。
 
 
今説教している時間を仕事に当てさせてくれよと思うのですが。。笑
 
 
 
この人たちは、どうしてこんなにネガティブなんだろう?と不思議でたまりませんでした。
 
 
 
 
 
 
「仕事が遅い」
 
 
 
 
 
 
確かに、「仕事が遅い」という言葉は一般的には良い意味では解釈されません。
 
外から見てる分には、手が動いていないので、
 
「体良くサボろうとしてるんじゃないだろうか?」
とか
「ナマケモノだな」
 
なんて思われたりします。
 
 
 
でも、そういうわけじゃないんですよね。
一見、仕事が遅い(アウトプットが少ない)人ほど、
内面的な活動がものすごい勢いで行われていることって実は多い
と思うんです。
 
 
考えすぎて夜も眠れない…
そんな時、「頭が働いてない」なんてことはないですよね。
アウトプットこそできていませんが、そんな時は頭の中がフル回転しているわけです。
 
 
 
たとえばニート。
 
「働いたら負けだ。」
 
という言葉は、とらえ方によってはよくない言葉かもしれませんが、
実際のところ、働いたら損する場面というのは、実社会では存在します。
 
 
 
だから、「働かない」という選択をしている。
僕はそれはそれで賢いことだと思うのです。
変なところに無理やり勤めて、神経を磨耗させて生活するくらいだったら、
「働かない」方がよっぽど人間らしい。
 
それは「ナマケモノ」ではなくて賢い選択なのです。
 
 
「仕事が遅い」という言葉に対しても同様。
 
とにかく場当たり的に行動して、本来避けられたはずの失敗をするくらいだったら、
しっかり熟考して、極力少ないアウトプットで大きな成果を得られる方法を探すほうが僕は賢い
と思います。
 
 
外から見て「動いてない」と見られていても、それで良いんです。
今は動いてるように見えなくても、きっといつかは輝けるから。
 
 
今職場で「仕事が遅い」とあなたを毎日怒鳴る人が居たとしても、
決して自分のことを否定する必要はないと思います。
 
 
そいつには見えてないだけで、あなただけが持っている魅力というのは絶対にあるはずですから。
 
ネットなら最小限の努力であなたの魅力を最大に表現できる可能性があります。
 
先日、僕がネットを通じて稼げるようになった過程を、レポートにまとめました。
興味がある方は、ぜひDLされてみてください。
 
 

プレゼントのURLはコチラです。

 

タグ

おかんにアフィリエイトを教えるプロジェクト2回目 実際にブログに投稿してみる

IMGP0095
 
どうもです。タックンです。
ブログ更新の間が空いてしまいました。
 
なかなかアップできなかったのですが、
「おかんにアフィリエイトを教えるプロジェクト」
本日は2回目の模様をダイジェクトでお伝え致します。
 
※このブログでは、LUREA内の具体的ノウハウについては、購入者の利益保全のため、言及を避けております。
ご興味がある方は、LUREAを直接ご購入頂き、中身をご確認下さいますようお願い致します。
タックンからご購入頂けた場合は、スカイプサポートをお付けしています。
ご購入希望の方は、お問い合わせよりご連絡ください。
購入用リンクを折り返しお送りさせて頂きます。

 
このプロジェクトは、タックンも驚く程の超初心者である、タックンのおかんが、LUREAを使ったアフィリエイトで、タックンの全面的なサポート付で果たして稼げるようになるのか!?
というプロジェクトです。
 
まず、タックンのおかんは、超がつく程パソコンが苦手です。というか機械全般が苦手らしいです。
アフィリエイトももちろん初心者。今だにアフィリエイトのことがよく理解できていません。
でも「少しでもお金になるのならば」とアフィリエイトに取り組んでいます。
 

前回取得したseesaaブログに投稿してみる

 
おかんにアフィリエイトを教えるプロジェクト1回目では、初心者でも気軽にアフィリエイトを始められるものとして、
「無料ブログ」
をご紹介致しました。
初心者の場合は、いきなりホームページビルダーなどでhtmlをいじっても手間がかかるし難しいのですが、
無料ブログの場合は、取得にお金もかかりませんし、気軽にアフィリエイト用のページを持つことができます。
最初のハードルが下がる分、初心者にはおすすめです。
 
 
前回は無料で利用できるブログとして「Seesaaブログ」をおかんに開設してもらいました。
 
ブログの取得は前回で完了していたので、今度は投稿してみるテストです。
 
とは言っても、ブログというものがそもそも始めての僕のおかんですから、
まず記事の投稿画面までたどり着くのに小一時間くらいかかりました。
 
 
初心者のうちは、まずブログの機能を理解するのに時間がかかってしまうのだと思います。
この時は、1行くらい、「はじめての投稿です」といった記事を書き、とりあえず無事投稿されているのを確認しました。
 
 

アフィリエイトに関する記事を投稿してみる

 
無事、ブログに文章が投稿できることを確認したら、
今度はアフィリエイトに関する記事を書いていきます。
 
今回アフィリエイトで取り扱うアイテムは、
LUREAのショートレンジブログ戦略を参考にして決定しました。
LUREAのショートレンジブログ戦略では、売れやすいアイテムを選定する方法がいくつか紹介されています。
今回はそれに従って作業を進めます。
 
 
ブログなぞ、今まで書いたことがないおかん。。
まず、ブログにどんなことを書くべきかがまったく想像がつかないみたいで、
1時間くらいいろいろと考えて、ようやく250文字くらいの記事を一つ、アップしたみたいでした。
 
IMGP0094

最初なので、記事は手書きです!笑
 
タックンが思うに、初心者の人がアフィリエイトブログを作るにあたって、まず一つ壁になりえるのは、
この「記事作成」もあるのかなと思います。
この「記事の書き方」については、追々無料レポートなどで配布しますので、興味がある方はDLしてみてください。
 
 

目標金額は月5万円

とりあえずおかんに目標金額は?と聞くと、「月5万円あれば楽になるなぁ~」なんて言っていました。
たぶん、タックンの感覚だと、月5万円くらいなら努力次第でどうにでもなる金額だろうなぁと思います。
でも、副業ならそのくらいでも充分ですよね。
月で5万円変われば、生活も大きく変わってきます。
 
とりあえず、2回目の模様でした。
作業時間は、2時間とちょっとくらいでした。

タグ

アフィリエイトで利益を取りたいと思った時の考え方

2013y01m06d_220706498
 
どうもタックンです。
年末年始気分も少しずつ落ち着き、そろそろタックンも仕事モードという感じです。
お正月はなんだかんだで外に出る機会が多いので、普段よりも、より一層忙しい時間をすごしているような気がします。
 
まぁ、本音はもっと休みたいんですがw
(ちなみに僕の夢は、1年くらい休みを取って、世界中の湖を釣りして回ることです。)
 
ちなみに、ここ数日の僕の動きですが、
変わらずいろいろな手法のサイトをガンガン立ち上げています。
サイトアフィリエイターの場合は、サイトを作ってナンボ、1ヶ月後の飯の種は今作っているサイトの頭数、みたいなところがあるので、手を休めずに作り続けている感じですね。
 
よく、「量産」と言うと、「量産の時代は終わったんじゃないの?」なんて言われたりしますが、
逆に数を作らずに稼げる手段があるなら教えて欲しいくらいで…。
なんだかんだ言って数を作ることは重要です。
まずはサイトの数を作ることで、データが集まりますので、そのデータを元により稼げるサイトを作っていくというイメージでしょうか。
 
よく、「品質の低いサイトはGoogleにはじかれる」と噂をされますが、
だからと言って必要以上に手間をかけてサイトを作るのは、スピード的にも戦略的にも僕はナンセンスかなーと思ったりしています。
そもそも、コンテンツに超手間をかけたと言っても、Googleの評価内容は常に変わるわけで手間をかけたサイトがGoodとも限らないわけです。
下手をすれば、「手間をかけた分、時代遅れ」のサイトを作ってしまうかもしれないわけです。それよりだったら今のネットの時代、やっぱりスピードは大切だと思うわけですね。
 
と、僕は思ったので、結局量産体制は変えずにサイトを作りまくっています。
もちろん、テンプレートもキーワードもばらしますが。
 

検索エンジンの現状と、検索エンジンの未来について考える

SEOで利益を取りたいと思った場合、僕が思うに考えるべきことは2つなのかな、と思ったりしています。
それは、「検索エンジンの現状」を考えるということと、「検索エンジンの未来」について考えるということです。
たとえば、僕が上記で取り上げた「量産」という言葉。
 
これは僕は「検索エンジンの現状」を見た上で行っている作業です。
 
例えばあるキーワードで、見事にアフィリエイターが存在せず、スカスカなキーワードがあったとしましょう。 
そういった場合は質はともかくとして、まずはサイトを放り込むことが何よりも重要でしょう。
とにかくドメインをとって(あるいはディレクトリを切って)数記事突貫で作ったサイトをアップして被リンクをつける。ただこれだけで売上に繋がる可能性があるわけです。
こういう箇所に関して、「デザインを綺麗につくって」「記事を熟考して」「何時間もかけて」攻めるのはナンセンスというか、リソースを使いすぎているだろう、と判断するわけです。
これはまず「現状」に合わせてやっているという感じですね。
 
 
被リンクに関しても同じです。
前にツイッターで書きましたが、「リンクを買うのが悪なのか?」という話に時間をかけること自体、僕はビジネスとしてはナンセンスだと思うのです。なぜならそれはGoogle主導の考え方だから。
 
検索エンジンが「被リンク」をランキングの順位付けの1つとして行っている以上、僕らアフィリエイターはその土俵で戦わないといけません。
Googleの指名は「ネット上にあるあらゆる情報を整理すること」ですが、僕らとしては、
サイトが整理されるのは前提として、それでも売上は取っていく、というスタンスが重要でしょう。
だから、被リンクはつけてやる必要はある。これも検索エンジンの現状に合わせた作業ですね。
 
ちなみに、現状では明らかに不自然(何をもって不自然というのか、僕には明確な線引きはありませんが)なリンクの獲得の仕方をしているサイトでも、上位表示されているサイトはいくらでもあります。
現状で有効と判断できるリンクがあるなら、それは悩む時間がもったいないので、つけるべきなんではないでしょうか。
とタックンは思います。
 
 
と、ここまでが「現状」の話。
もう一つ重要なことは、今やっている作業が後で資産になるように、「未来を見据える」ということも、これはこれで重要なんだろうなーと思います。
冒頭で、「スカスカのキーワードに対して、いちいち作りこむのはナンセンスだと思う」と、僕は書きましたが、一方でこの言葉には反論があるわけです。
 
それは、Googleが将来的に求めていくのはきっとそういうサイトになるだろうなぁ、ということなんですね。Googleが将来的に求めるのは、綺麗に作りこまれた、手間隙かけられたサイトになるだろう、ということです。
今は作るコストがかかりすぎる(時間がかかる)けど、将来的にはGoogleの評価に恵まれ、資産になるかもしれない、という意味です。
事実、最近ではGoogleの方も、コンテンツ量が多いドメインをやや優遇する流れになってきています。
恐らく、この流れは今後ももう少し比重が大きくなる可能性があるかな、とも思いますので、
サイト内を作りこむということも、場合によっては必要になってくるのかなと思ったりもしています。
まぁ、ただこれは先の話なので、「そういう未来もあるかもしれない」ということで予め取り組んでおく必要はあるのかなと思う感じです。
 
まぁ、アフィリエイトの楽しいところは、
「やればやった分だけ結果として自分に返ってくる」
ということでしょうね。これを楽しみながらできる人は、それなりの結果を残せる人だと思います。
 
 
今年も1年いろいろあると思いますががんばっていきましょう!
 
 
PS.
今回は難しい話になってしまったかなーと思います。
もし難しくて理解できない!という方は、いつでも問い合わせよりご相談のメールをしてください。
基本的にいつでもPCは見ています。初心者の方大歓迎です!

タグ

謹賀新年。今年のネット業界の動向について

どうもです。明けましておめでとうございます!タックンです。
今年もどうぞ、よろしくお願い致します。
 
 
 
ちょうど、年末年始になると、毎年のことですが、
「今年は○○な年になります!」
とか、
「今年は中身のある人だけが生き残る年になりそうです!」
とか
「今年は中身の無い人は淘汰されます!」
とか
「今年はSEOが変わります!」
 
などと、まぁいろんな予言屋が出没しますね(^^)
年末年始は占いが繁盛しそうです!
 
ただ、とは言うものの、結局のところ今年に入ったからと言って何が変わるわけでもありませんので、
無責任な予言屋には皆さんだまされないようにして欲しいなーなんてタックン個人としては思ったりしています。こういう人たちはみんな不安を煽って自分の商品を売りたいだけですので。
(まぁ、手法として不安を煽ってセールスするのはそれもビジネスなので、
タックンはアリだとは思いますが、タックンのブログ読者様には変な負債は負わないで頂きたいなーと勝手に思っておりますw)
 
 
よく、何かの節目になると、「この業界は変わります」とか言っちゃう人が居ますが、
世界は常に変化するものなので、変わっていくのは当然のことです。
逆に言うと、世の中が常に変わるから、そこにビジネスチャンスがあるわけなので、
そこは見落とさないようにして頂きたいなぁと思ったりはするところであります。
 
 
ちなみに、タックン個人的な見解としては、
たぶん今年も検索エンジンはそこまで大きく動かないんじゃないかなぁと思っています。
ある程度の「ランキング優先順位の入れ替え」「既存のWebサイトの再査定」は起こりそうですが、結局これは去年も同じことは起こってますので、そこまで騒ぐことは無いかなぁと。
 
 
ここだけの話ですが、(ブログで書いてしまうあたりここだけではないのですが 笑)検索エンジンは、
定期的に「優先順位アルゴリズム」を入れ替えているような気がします。
これを一言で言うのは難しいですが、僕の印象だと、
「サイトA軍を優先的に表示させるアルゴリズム」
「サイトB軍を優先的に表示させるアルゴリズム」
「サイトC軍を優先的に表示させるアルゴリズム」
「サイトD軍を優先的に表示させるアルゴリズム」
というアルゴリズムがそれぞれ存在していて、それが不定期に入れ替わる現象がずっと見受けられます。
たまに無いですか?「あれっ、1ヶ月前の検索結果に戻ってる…?」ということ。
 
 
これはAというアルゴリズムとBというアルゴリズムが定期的に入れ替わることによって起こる現象のように思います。いわゆるヨーヨー現象とか言う奴ですね。
もし全てのアルゴリズムに最適化したWebを目指すのであれば、それは手間隙かけてサイトを作る必要はありそうです。
「手間隙」というのは普段からSEOを勉強している方は察しがつく内容でしょう。
と、同時にアップデートもありますので、まぁ「カオスな状態」に見えて仕方が無いのではないかなーと個人的に思ったりしていますw
 
 
Googleのアルゴリズムをおいかけても、それはGoogleの権限の元に生きているだけなので、
稼ぐアフィリエイターを目指すのであれば、Googleのアルゴリズムを見るのではなくて、
「もっとユーザーが求めているものを作る」という方向性にシフトしていく必要はありそうです。
 
 
たぶん、Googleは今年も検索結果をめちゃくちゃに整理してくるでしょうからw
特定のキーワードだけで稼ごうと思うのは、その分一つのキーワードに対しての依存度が高まるのでだめという流れにはなりそうです。
(もちろん、収入源の一つとして、戦略的に狙うのはありですが。)
 
 
 
「中身が無い人は淘汰される時代」
とはよく言ったものですが、それはマインドの部分でしょう。
マインドが足りない人は、何をやっても上手くはいきませんから、中身が無い人はいつだって淘汰されます。そんなの今年に限ったことではありません。
(正確には上手くいく前に諦める)
 
 
というわけで、年始早々辛口な内容になってしまいましたが(笑)
こういう節目には変な魔物が潜んでいたりするので、ブログの読者様は惑わされないようにして頂きたいなぁ、と思いつつ、
自戒も含めて書いてみたのでした。
 
 
 
というわけで、今年もよろしくお願い致します!
 
 
 
PS.
年末年始ということで、地元青森に帰ってきています。
「うとう神社」に初詣をしに行きました。
 
untitled
 
PS2.
「おかんにアフィリエイトを教えるプロジェクト」
進んでいます!こちらは近々近況報告をさせて頂きます。
 
PS3.
姉の子供がどんどん成長しています。小さな子は可愛いです!

タグ

2013年1月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑記

tweetこの記事の感想をツイートしてください。

このページの先頭へ